パンフレットづくりの「第一歩」、デザインを考える前に。

パンフレットをつくろうとなったときに、
「どんなデザインがいいかな?」ということを考え始めることと思います。

「高級な感じが出るといいよね」
「神秘的な感じはどう?」
「大きい会社っぽく見えるデザインがいいんじゃない」
「カッコイイのがいいね」

・・・など、このような話が会議で繰り広げられているかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

たいてい、「カッコイイデザイン」「良いデザイン」など、デザインに行きがちなんですが、その前に考えるべきことがあります。

それは、【パンフレットのゴール】です。

「パンフレットを作ることによって、何を成し遂げたいのか?」というゴールが明確でないと、ふわふわの状態で話が進んでしまいます。

当たり前って思いましたか?

当たり前って思った場合は、もう一度具体的に言葉にしてみてください。
ゴールが設定されているときでも、“曖昧になりがち”なんです。

使い道に関してはある程度決めているかと思いますが、その使い道が「こういう場面で渡すため」・・・で終わってしまっている場合がとても多い。

渡すことはプロセスであってゴールではないですよね?

「渡すために作る」⇒「カッコイイデザインがいいだろう」
・・・と、前提が曖昧な設定だと、パンフレットも曖昧になってしまいます。

具体的に渡すことでどうしてほしいのか?どうなってほしいのか?・・・というところまで考えていく必要があります。


【レポート】配るだけで2,400万円売り上げたチラシDMに学ぶ2つのルール

arrow

■ PCメールアドレス (必須)

verisign

※メールアドレスは暗号化されて送信されます

※ご入力いただいたメールアドレスに「PDF」でお送りします。ダウンロード形式でご購読いただきます。

※Yahoo!メール、Hotmailなどの「フリーメール」は届きにくい傾向があります。携帯メールアドレスは登録できません。

※入力いただいた情報は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理します。また、メルマガはワンクリックで解除できます。

無料相談
無料見積もり

→ コピーもつくるパンフレット制作はこちら