在宅医療

「住み慣れた家で過ごしたい」

  • 「病院に行くのを嫌がっている」
  • 「自宅で療養していきたい」

このようなニーズが高齢化が進む中で高まっています。このニーズに対応するために生まれたのが【在宅医療】というサービスです。

病院や薬局や介護施設など、さまざまな機関が連携して自宅で療養する方をサポートする仕組みがつくり推進していくことが求められています。

これから在宅医療を提供する施設がどんどんと増えていくことでしょう。しかし、まだまだ利用者には認知度が低いという傾向にもあります。(知っていても、具体的にどのような内容か、自分の家族が利用してよいかなど不安がいっぱいある状態)

そこで大切になるのが「情報発信」です。地域の方々や病院介護関係者の方々に情報発信していくことで、認知してもらうことができます。

実際に私のお客さまでも在宅医療をされている方がいらっしゃいます。
媒体制作をいくつか携わらせていただきました。

知らない方への発信もそうですが、地域によってはライバルとの違いを出していくことも重要になっていきます。

たとえば、【地域新聞】や【広報誌】という形で発信されている施設もあります。

【パンフレット】【リーフレット】【チラシ】という手段を使って、告知されている方もいます。

どのような形であれ、目的をしっかりと見据えて、その目的に合った情報を発信していくことが欠かせません。特に、市場としてこれから拡大していくからこそ、地道に情報発信したほうが地域に根ざした施設になっていきます。