デザイン実績

社会保険労務士事務所様のリーフレットデザイン&原稿作成事例|キャッチコピーで気づいてもらう

社会保険労務士リーフレットデザイン

こんにちは、コピーライティング専門会社・ワードメーカー株式会社の狩生です。

今日は、A4三つ折りリーフレットデザインのご紹介です。

コピーライティングも代行しています。

障害年金の手続代行サポートをしている社会保険労務士事務所「わかば障害年金オフィス」様からご依頼いただきまして、制作をさせていただきました。

障害年金というのは、実は精神疾患をお持ちの方も対象になるようです。私は知らなかったのですが、一般的にもあまり知られていないということでした。

あまり知られていないことをアピールする場合には、できるだけ気づいていただくためのキャッチコピーが必要です。あなたも対象なんですよ、ということを気づいていただくためのコピーにしています。

【商品サービス】障害年金請求
【サイズ】A4三つ折りリーフレット
【カラー】緑
【制作内容】コピーライティング・デザイン

社会保険労務士リーフレットデザイン

社会保険労務士リーフレット

 

※動画でも詳細を解説しています

 

ポスティング代行会社のA4三つ折りリーフレットデザイン|なぜ同じチラシでも反響が違うのか?

ポスティング代行会社パンフレット

こんにちは、コピーライティング専門会社・ワードメーカー株式会社の狩生です。

今回は、ポスティング代行会社、alphaポストインサービス様からご依頼いただきまして、A4三つ折りのリーフレットを制作させていただきました。

ポスティング代行会社によって、同じチラシでも反応が違うことをご存知ですか?

その理由は配り方が変わるからです。

どうしても粗雑な感じで配る会社もあるからですね。その大切な部分を伝えるためのリーフレットとなっております。

A4三つ折りなので、全部で6面あります。

下記画像では、「外面」と「中面」の2つに分かれています。(折加工前の画像)

【商品サービス】ポスティング配布代行
【サイズ】A4三つ折りリーフレット
【カラー】青
【制作内容】コピーライティング・デザイン

ポスティング代行会社パンフレット

ポスティング代行会社リーフレット

※動画でもリーフレットデザインについて解説しました。

エアコン修理サポートパンフレットデザイン作成事例|A4/4ページパンフレット

エアコン修理パンフレットデザイン

こんにちは、コピーライティング専門会社・ワードメーカー株式会社の狩生です。

A4/4ページのパンフレットを制作しましたので、ご紹介します。

サブスクリプション型のモデルでエアコン修理をおこなうというエアコンらくらくサポートに関するパンフレットを作成させていただきました。

コピーライティング&デザインを制作いたしました。

問題提起型でコピーをつくっています。

【商品サービス】エアコン修理サポート
【サイズ】A4/4ページ
【カラー】青
【制作内容】コピーライティング・デザイン

エアコン修理パンフレットデザイン

エアコンパンフレットデザイン

※動画でも解説しています。

シンプルでスタイリッシュな会社案内パンフレットデザイン作成事例

シンプルパンフレットデザイン

こんにちは、コピーライティング専門会社・ワードメーカー株式会社の狩生です。

今回は、信頼していただくためのパンフレットのご紹介です。

株式会社ファーストアクセス様からご依頼いただきまして、シンプルでスタイリッシュなパンフレットをデザイン作成させていただきました。

【商品サービス】会社案内
【サイズ】A4/4ページ
【カラー】グレー
【制作内容】コピーライティング・デザイン

シンプルパンフレットデザイン

スタイリッシュパンフレットデザイン

 

※動画でもパンフレットデザインについて解説しています

保険会社のパンフレットデザイン作成事例|保険代理店のコピーライティング&デザイン制作

保険会社パンフレットデザイン

こんにちは、ワードメーカー株式会社の狩生です。

有限会社日本商事様からのご依頼で、「保険の美らいふ」パンフレットを制作させていただきました。

保険代理店をされている会社さんです。

沖縄で地域密着で創業から50年以上経営をされていまして、パンフレットの中にも地元の言葉をあえて入れる形にしています。

用途としてはお客様にお渡しするものなので、「いったいどういう会社なのか?」「どういう独自の特徴があるのか?」を中心に記載しています。

いつものように、コピーライティングもひととおり代筆させていただき、デザインも同時に行っています。

【商品サービス】保険代理店
【サイズ】A4/4ページ
【カラー】青緑
【制作内容】コピーライティング・デザイン

保険会社パンフレットデザイン

保険代理店パンフレットデザイン

 

※動画でも解説しています

月桃茶のリーフレットデザイン作成事例|売り込みではなく何をやっているかを伝える

お茶リーフレットデザイン作成

こんにちは、コピーライティング専門会社・ワードメーカー株式会社の狩生です。

今回は、月桃のお茶づくりなどが体験できる「月桃天草研究所」様からご依頼いただきまして、リーフレットのコピーライティング&デザイン作成を行わせていただきました。

A4三つ折りリーフレットで制作しています。

このリーフレットで何かを販売するわけではなく、研究所がどういうところか?を紹介して、そこから来ていただくという流れにしています。

【商品サービス】月桃茶&お茶づくり体験
【サイズ】A4三つ折りリーフレット
【カラー】緑とブラウン
【制作内容】コピーライティング・デザイン

お茶リーフレットデザイン作成

お茶リーフレットデザイン事例

 

※動画でもリーフレットデザインについて解説しています

住宅工務店のA4サイズ6ページパンフレットデザイン作成事例|特徴が2つある場合は?

住宅リフォームパンフレット表紙

こんにちは、ワードメーカー株式会社の狩生です。

今回は、住宅リフォームに関するパンフレット事例のご紹介です。

東商住建様からご依頼いただきまして、パンフレットデザインを作成いたしました。

特徴が2つあるのですが、それを同時に見せています。

【商品サービス】住宅リフォーム
【サイズ】A4/6ページ
【カラー】木とグリーン
【制作内容】コピーライティング・デザイン

外面と中面で分けてご紹介します。全部で6面分あります。(下記は折加工前の画像)

工務店パンフレットデザイン

住宅パンフレットデザイン中面

※動画でも解説しています。

クレドカードのデザイン事例【そもそもクレドとは?作成する必要性は?】

クレドカード

こんにちは、ワードメーカー株式会社の狩生です。

”クレドカード”って聞いたことがありますか?

最近、中小企業でもクレドカードを作る会社も多くなっているので、今日のテーマは

  • クレドとは何か?
  • クレドカードとは何か?
  • 中小企業にもクレドカードは必要なのか?
  • クレドカードを作る目的や活用法について
  • 当社で作成したクレドカード、クレドポスターのデザイン例

などをまとめてお伝えしたいと思います。

そもそもクレドとは?

クレドとは、企業の全従業員が心がけるべき「信条」のことです。

企業活動の拠りとなる「価値観」とか、社員の「約束事」「行動指針」とも言えます。

このクレドというのは元々はラテン語のようです。

アメリカの大企業ジョンソン・エンド・ジョンソンが1943年に「Our Credo」(我が信条)として企業理念や行動の指針となる内容をまとめて発表したことから、世界中に広がりました。クレドはもう80年近く前から存在していたんですね。

ジョンソン&ジョンソンは世界60か国以上に展開し、250以上のグループ会社を保有しています。従業員数は127,000人以上。そんな大きな会社に勤めるすべての人の心を束ねているのが、企業のクレドを書いたクレドカードです。

クレドカードとは何か?

クレドカードとは、クレド、つまりどんな価値観を胸に従業員ひとりひとりがどう行動するべきか?という企業の方向性を記したとても重要なカードです。

クレドを常に心の中に置いておくために、クレドカードを作成して常に従業員のポケットに忍ばせておき、度々確認を促して定着させることが重要です。

クレドがたくさんの人の命を救ったことも…

ジョンソン&ジョンソンのクレドは、

「企業は顧客、社員、地域社会、株主に対して責任を持たなければならない」

です。

実際はもっともっと長く、そして何度も改定されていますが、大枠は変わらずこの精神が定着しています。

実はこのクレド、「顧客」が第一になっていることがとても重要だそうです。当時のアメリカでは株主利益を優先する企業が多いのが実情でした。その中で、いち早く「顧客への責任」を打ち出したのです。

このクレドは制定以来、ジョンソン&ジョンソンの素早い経営判断に役立ち続けていると言います。

特に有名なのは、2度に渡る被害を出したタイレノール事件です。ジョンソン&ジョンソンの頭痛薬「タイレノール」に何者かによって毒物が混入させられた際、いち早く商品の回収に動いたことで被害を最小限に食い止め、そして、自らパッケージの開発を行い、厳しい安全基準を策定することで再発防止に努めたのです。

リッツカールトンのクレドカードも有名

一度利用するとまた利用したくなるホテルとして、超一流のホスピタリティを提供するリッツカールトンもまた、クレドを大切にし、従業員にクレドカードを渡していることで有名です。

リッツカールトンのクレドカードには、さまざまな行動指針が記されているのですが、分かりやすいものをいくつか紹介すると、

「私は、強い人間関係を築き、生涯のリッツ・カールトン・ゲストを獲得します。」

「私は、お客様の願望やニーズには、言葉にされるものも、されないものにも、常にお応えします。」

「私は、お客様の問題を、自分の問題として受け止め、直ちに解決します。」

といったものがあります。

一人ひとりの従業員にこのような心が根付いているから最高のサービスが提供できるのか、と思わず頷けますよね。

クレドカードを作るということは、会社の軸を作ることに繋がります。

クレドカード作りは、「会社の軸」づくり

クレドカード

企業がどんな価値観、ミッションを持って事業を進めていくのか。さまざまな判断を行う局面に、従業員ひとりひとりがもっとも大切にすべきことは何なのか?

クレドカードを作ることで、「会社の軸」を明らかにして従業員に伝え、浸透させることができるようになります。

会社の軸があることで、不正や倫理違反に流れてしまう従業員の心を律したり、たとえば上司から厳しい営業目標が課せられたとしても、顧客が嫌がるような無理な営業をかける心にストップをかけることができます。

  • 何のために働くのか?
  • 目の前の仕事は何に繋がっているのか?
  • 企業の一員として、自分はどう動くべきなのか?

正しい行動を促すためには、会社としての在り方を従業員に示しておく必要があるのです。

クレドカードのデザイン例

最後に、当社で作成したクレドカードのデザイン例をご紹介します。

大野輝雄社労士事務所様のクレドカードです。

クレドポスターのデザイン例

同じ企業様のクレドポスターも合わせて作成させていただきました。

このように、クレドカードやポスターのデザインを行っていますので、ご興味ある方はお問い合わせください。

→クレドカードのお問い合わせはこちら

 

まつ毛美容液のスタイリッシュなパンフレットデザイン作成

ヨーロッパで人気のまつ毛美容液「Xlash」シリーズのパンフレットを作成しました。

商品紹介がメインなのでコンテンツの内容は限られますが、意識したポイントをお伝えします。

スタイリッシュなデザイン

海外から輸入される化粧品であるということと、パッケージデザインのイメージに合うことを意識し、スタイリッシュで洗練されたデザインにしました。

スイスが本店なのですが、日本にも正規販売代理店があるので、海外版のものを利用するよりも、日本人にもなじみのあるデザインにした方がいいです。

さらにサイズを小さく、丈夫な紙質にすることで、手元保管用として持っておいてもらうことができます。

海外製品ならではの注意事項

海外製品の場合、日本人の肌に合うのか?が心配されますが、そこは「使用方法」や「注意事項」できちんと説明しています。

トラブルを未然に防ぐためにも、省略せずに載せておきたい部分です。

また、日本語サイトがあればURLを載せて誘導するといいでしょう。

安心感にもつながりますし、理解をより深めてもらうことができます。

まつ毛を何とかしたい人へのメッセージ

つけまつげ、まつ毛エクステ、まつ毛パーマなど、目の印象が大きく変わるまつ毛にこだわる女性は多いです。

今はパーマやエクステで良くても、合わなくなったときの最終手段は、自分のまつ毛を育てることです。

そのため、何をやってもダメだった…肌に合わないなど、まつ毛を何とかしたいのに、できないという人へ「まつ毛を育てる」というメッセージを載せています。

また、日本製にこだわっていた人でも、いろいろ試して、もう自分に合うものはないかも…と思ったときに目を向けるのが海外製品です。

すぐに行動を起こして買ってもらうことも大切ですが、商品紹介の場合は、いつか何かのときのために保管してもらうことも視野に入れて作成するのがポイントです。

 

…以上です。

商品説明パンフレットも“伝わりやすさ”がありますので、参考にしてみてください。

 

神奈川県の小児歯科のリーフレットデザイン

小児歯科リーフレットデザイン

先日、本厚木こども歯科さんのリーフレットを作成しました。

小児歯科に限らないことですが、リーフレット・パンフレット作りの際に最も気をつけていただきたいポイントについてお伝えます。

対象の人はだれなのか?

このブログでは何度もお伝えしてきているので、当たり前だよと思われるかもしれませんが、やはり1番大事です。

それでも敢えてお話しするのは、世の中にあるリーフレット・パンフレットの多くがターゲットを明確にしていないからです。

たとえばこちらの歯科は小児歯科なので、歯が生えたばかりの赤ちゃんから小中学生まで、広く患者さんがいます。「こども」といっても明確化にはなりません。

ターゲットを「こども」にしてしまうのでは、あまりに訴求力がなく弱すぎます。

このリーフレットでは「0歳、1歳」のお子さんを持つ親御さんをメインターゲットにしています。

どの歯医者さんに通うかというのを決めるのは、だいたいお母さんの役割です。だからお母さん目線で伝えていくことが、リーフレットの第一歩となります。