リンパドレナージュサロンのリーフレットデザイン

今回は「サロン エスパス」様のリーフレットを作成しましたので、ご紹介いたします。

エステサロンリーフレット 

「サロンエスパス」様は「リンパドレナージュ」をメインとしたサロンで、お客様の体を整え、元気をプレゼントしている素敵なお店です。

サロン系のチラシやリーフレットで肝心なのは?

以前にもご紹介いたしましたが、サロン系で肝心なことは

★「悩み起点で表現する」
★「出来るだけ“人”を出す」

この2点です。

悩み起点の表現

今回の「リンパドレナージュ」は体の調子を整えるための施術です。

体調が悪いからこそ「改善したい!」「リンパドレナージュを受けてみたい!」・・・と、お客様は思うのです。

だからこそまず、リーフレットの表紙に「なんだか、からだの調子がおかしい…」という言葉を入れています。そして、「その不調を治してさしあげたい!」と言う想いをリーフレットの中で語ります。

続けて、治すための施術料なども明記していきます。

悩みで始まり、内容へとつながっていますね。
これが「悩み起点で表現する」と言うことです。

(例えば、これが美顔専門のサロンでしたら「最近、目の下のクマが酷い…何とかならないかしら?」と言った悩みで始まり、「その悩みを解決します!」と言う内容へとつなげるのです。)

人を出す

そして2点目の「できるだけ“人”を出す」ですが、これも大事です。

「お店は綺麗かしら?」
「スタッフさんは優しいかな?」
―行ったことがないサロンは不安が沢山あります。

ですから、なるべくイメージ写真ではなく、実際に施術をしているスタッフさんや、お店の中の写真を載せましょう。

リーフレットの写真を見たお客様が、「こう言う雰囲気のお店なら行ってみたい!」と思ってくれたら…そのリーフレットはきちんと役目を果たしている、と言えるのではないでしょうか。

以上、重要なポイント2点をおさらいしましたが、今回はもう一つ、ポイントをご紹介します。

分かりやすいこと

【施術内容】や【特色】、そして何より【金額】をハッキリさせることです。

「リンパドレナージュのサロン…行ってみたいけど、いくらくらいかかるのかな?」―お客様が一番気になるのは、料金でしょう。

そこはぼかさず、施術時間と料金を明記しておきましょう。今回のリーフレットも、施術時間と料金を、最初に大きく書いています。

なるべくスッキリ。見た目も内容も「分かりやすく」。

特にリーフレットは限られたスペースで、必要な情報を的確に表記しておくことが求められます。ポイントをおさえ、素敵なリーフレットを作成したいものですね!

 

 


【レポート】配るだけで2,400万円売り上げたチラシDMに学ぶ2つのルール

arrow

■ PCメールアドレス (必須)

verisign

※メールアドレスは暗号化されて送信されます

※ご入力いただいたメールアドレスに「PDF」でお送りします。ダウンロード形式でご購読いただきます。

※Yahoo!メール、Hotmailなどの「フリーメール」は届きにくい傾向があります。携帯メールアドレスは登録できません。

※入力いただいた情報は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理します。また、メルマガはワンクリックで解除できます。

無料相談
無料見積もり

→ コピーもつくるパンフレット制作はこちら